The Magic of Turkey

ネトストと配信文化と

私は昔からニコ生を観ていたが近いところ数年はYouTubeLiveを観ている事が多い

配信の面白さは枠主の話もそうだがコメントに依るものを大きい

誰かわからない人がしているコメントという楽しみ方もあるが私はそのコメントをしている人の背景を知ることで最大限楽しめると考えている

これが所謂ネトスト即ちネットストーカー行為へと繋がる

最近かなり良かった対象を1人紹介しよう

ネトストの度合いとしては軽いし許されるだろう


きっかけは

youtu.be

この歌に対する

このコメントだ

恋愛脳がリリースされた初日に私も同じことを感じてTwitterで検索したりYouTubeのコメントを漁ったのだが存外こういった意見が無く寂しかったのを思えている

その反動からかこのコメントを見た瞬間にこの人が気になった

そうして登録チャンネルを見て少々失望した

ホロライブをかなり登録しているからだ

結局典型的な外国人ナードの域を出ない者だったのだ

個人vtuberにじさんじなども登録しているようだが私の抱いていた人物像とは遠い

もっと残念だった点は切り抜きチャンネルを登録している点だろう

私はフェアユースを否定する気は無いが日本のインターネット文化に触れる以上理解していこうという心持ちを持っていて欲しいと思ってしまう

嫌儲主義の蔓延っていた頃を生きてきた私としては切り抜き文化を否定することは無いが肯定も出来ないし観ていると公言する人間は苦手である

時代についていけていないと言えばそこまでだが

強いてこの人物の登録チャンネルから見られる救いといえば名取を登録しているところだろうか


結局のところ私が昔のインターネットに囚われている側面がある面倒な人間とわかっただけかもしれない

このようにネトストは自らを映す鏡と成りうるのだ


といったきれいなオチを作りたかったのだが2018年からバーチャルYouTuberよくばりセットに対し批判的な姿勢をしていた私が今更これを新しき発見のように振る舞うことは虚偽でしか無いというのが本当のところである